自分が思う私と、周りが思う私

12193372_880896798684939_3287559159014177337_n
先日の梅小路公園でのヨガ教室。

春からはじめて約半年。

こうやって通っていただいて、一緒にヨガできて、本当に幸せだなぁ〜。

終わった後は時間のあるみんなでピクニック。

12065616_880896852018267_331239277240696689_n

せっかく出会えたから、これからも楽しいこと企画するので一緒に色々していきましょうね!

この日ははじめての方がお二人いらっしゃったのですが、あっと言う間に周りの方と暖かい空気を作ってらっしゃって。

本当に、生徒さんみんなが暖かく、居心地のよいヨガ教室です。

(自分で言う 笑)

生徒さんみんなが宝物。

みんなすごいなぁ。大好き。

 

 

今日はとある所でヨガのクラスをさせていただいたんですが

またまたとっても素敵な生徒さんで

楽しく暖かい時間を過ごすことができました。

その後呼んでいただいた方とお話してて

私のヨガは、地味にキツくて 笑

お話も結構多くて

笑いが沢山ある。

らしいです(*^^*)

キツいけど、笑えるから少し緩むらしいです。

 
地味にキツい。これよく言われます。

TTの時先生に名付けられたのは、「スープカレーゆうこ」

辛い、けど〜甘い。甘い、けど〜辛い。

なんかやめられない。癖になる。

そうです(*^^*)

 
自分が思う私と、周りが思う私。

周りの方に教えてもらえる私はなんか新鮮で、新しい自分を知れて嬉しいです。

周りのイメージに無理に合わせる必要はないけど、そうしたらどんどん苦しくなっちゃうし。

でもそのイメージの中に、自分を知れたり、魅力に気付いたり、発見や自信や新たな扉があることもある。

何事もそうだけど、バランスよく取り入れて楽しく幸せに過ごしていきたいなあ。

 
先生の数だけヨガがあって。

それぞれ魅力的だなぁって思います。

私のヨガもこれからまた変わっていったりするだろうけど、それもまた楽しみです。

 
少し話が長かったり、笑い要素が多かったり、地味にキツかったりしますけど 笑

そんなヨガちょっと好きかも、という方良かったら是非梅小路公園のヨガ教室や、yoga studio shantiさんのヨガレッスンにいらしてくださいね♪

 

梅小路公園のヨガは11月は4日、11日、18日の水曜日10時からです。

contactページからお申込みください!

シャンティさんでのヨガクラスは毎週木曜日、10時半です。

yoga studio shanti さんのホームページよりお申込みください!

2015-10-30 | Posted in ブログ, 徒然ごと, 未分類No Comments » 

 

慈悲喜捨の鍵を持つ

12141699_1632064757067857_4206657647995088492_n

水曜日は梅小路公園でのヨガ教室でした。

久々の方も多く、みんなでのびー!と伸びたり

ストイックにブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)のアライメントを一個ずつ確認したり(一つのポーズなのに汗をかきます!)

瞑想的に自分の内側を見つめてヴィンヤサシークエンス(繋がった一連の動き)で動いたり

今回はナーディ・ショーダナという片鼻呼吸も体験していただきました。

ヨガでは右の鼻がピンガラ(太陽)左の鼻がイダー(月)と考え、身体の中心のスシュムナーナーディの両側にあり、それぞれ骨盤低から螺旋を描き頭頂まで通っています。そのピンガラとイダーが交差する所、それがチャクラです。

鼻の右が交感神経、左が副交感神経がそれぞれ優位になると通りやすいといわれています。なので、眠いときは左の鼻が通っていることが多いです。

片鼻づつ呼吸していくことで、交感神経と副交感神経のバランスを整えナーディを通す、初心者の方でも取り組みやすい浄化の呼吸法です。

是非おうちでもやってみてくださいね!

そして教室が終わったあと、時間のある生徒さんたちとランチにいきました。

そこで生徒さん同士が本当に本音で正直に、思いやりの心を持ってお話しをされている光景を見てて…

とてもじーーーーん、としていました。

大人になってこのような関係を築けて、こんな暖かい空間をみんなで作っている。

そんな生徒さんたちに感動しました。

2015-04-06 09.16.12

ヨガの聖典の一つ「パタンジャリのヨーガ・スートラ」で私がとても好きなスートラがあって

それは

ヨーガ・スートラ 1-33

「他の幸福を喜び(慈)不幸を憐れみ(悲)、他の有徳を欣び(喜)不徳を捨てる(捨)態度を培うことによって、心は乱れなき清澄を保つ。」

というもの。

この慈悲喜捨の鍵を常に持っていなさい。とスワミ・サッチナーンダさんは言われていて。

私は生きていていろんな場面でこの言葉を思い出します。

私たちはつい、他の幸福を羨んだり、有徳を妬んだり

不幸を一緒に悲しむのではなくどこか高みに立った気分で眺めてみたり、自業自得だと突き放したり

 

不徳な人に出会った時は…これがもしかしたら一番難しい。

自分の価値観に照らし合わせて、その人を変えようと試みたり、もしくは激しく憤ったり。恨んだり。

その行動や感情の源はその人に良かれと思ってのことだと尚更。とてもこれは難しい。

そこにエゴがあるかないか、どこかで自分の正義を押し付けていないか。

この前読んだ一文がとても心に響いたのだけど

「正義の反対は悪ではなく、また別の正義なのだ」

そのような視点を常に持つことが、(捨)という鍵をうまく使いこなすために大事なのかな。

 

不徳な人、は本当に不徳なのか。それは私が決めているだけなのではないか。

 

本当にこの4つ「慈悲喜捨」が誠実にすべての場面で実践できたなら…

そう思って生活しています。

image10

来週の梅小路公園でのヨガ教室は、終わったあと晴れてたらお弁当を買って芝生広場でピクニックしましょう!

私はカメラが趣味なので、その時に「露出、ホワイトバランス、構図で変わるプチカメラ遊び」を一緒にしませんか?

お手持ちのカメラやもちろん携帯でも十分!ランチを食べながら、こうやって撮ったらおいしそうー!!などなどみんなで工夫して遊びましょう!

ご予約おまちしてまーーす♪

 

2015-10-09 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments » 

 

10月のテーマは「love❤︎ハートオープンで深い呼吸」です

IMG_4195 (3)

これは最近お気に入りのpukkaのハーブティー。

その名もloveブレンド♪

専属のアーユルヴェーダハーバリストがブレンドするオーガニックティーです。

ハーブティー苦手な方でも飲みやすいと思うのでおすすめです♪

滋賀旅♡2015.9.27_3192

ということで気が付いたらもう10月!!ていうか過ぎてる!笑

すっかり遅くなりましたがゆいヨガ10月のテーマは

「love❤︎ハートオープンで深い呼吸」です。

ちょうどみぞおちのあたりはアナーハタチャクラと言って愛のチャクラです。

このチャクラの位置、胸が開くと様々なものを愛を持って受け入れられる、そんな気持ちになります。

そのためにはまず、自分自身を愛すること。

自分にしっかり愛を送って、ハートをオープンにしていきましょう。

解剖学的には、ここをまっすぐ背中に突き抜けると、胸椎7,8番あたりになります。

ここはバックベンド(反っていくポーズ)でとても大事になるところ。

この場所を意識しながらアーサナ(ポーズ)を作っていくと、、、しんどくない気持ちの良いバックベンドが出来るようになります!

そして胸を開くために肋間筋という肋骨の間の筋肉や小胸筋、大胸筋をしっかりストレッチさせて、胸が開いていくことで深くなる呼吸を感じましょう。猫背解消にもばっちり♪

それぞれの方に合わせながら、前半にしっかりアライメントを整え、後半はアナーハタチャクラ(愛)をイメージしながら瞑想的に自分自身を見つめて動いていきましょう。

 

10月のゆいヨガは

梅小路公園でのヨガ教室

10月7日 14日 28日 水曜日 午前10時~11時半

芦屋ユヌプティメゾンでのヨガ教室

10月20日 火曜日 午前10時半~12時 ※ただいま満席です。キャンセル待ちにて受付しております。

になります。

プライベート、出張レッスンも承っております。

お気軽にcontactページより、お問合せくださいませ!

2015-10-05 | Posted in ブログ, 月ごとのテーマNo Comments » 

 

お尻回りをほぐしてお腹の中も優しくリラックス

腰痛をお持ちの方、座りっぱなしや立ちっぱなしなど一つの姿勢で長時間お仕事されてる方におすすめのシークエンスです。

生理前のイライラしてる時などにもおすすめ!ゆっくり呼吸を感じて優しく動いていきましょう。

(動画では見えやすいように左足からはじめていますが、ヨガは右側から動いていきます。)

①息を吸って、右足を曲げてかかとが会陰部の前に、左足はまっすぐ後ろに伸ばしましょう。この時お尻がマットにつかない、左右の腰骨が平行にならない場合はお尻の下に座布団やブランケットを敷いて、高さを出しましょう。出来るだけ骨盤を立てて。立たない場合は上半身は斜め前に傾けて、腰を反らないようにしましょう。

②息を吐いて、手をついて上半身を前に倒していき、ちょうどいい所で手で枕をつくり頭を休ませましょう。ここで数回呼吸。吐く息でゆるまる身体、心を感じましょう。

③息を吸って、起き上がってきて、後ろの足を前の足の膝の外側へ。立ててる足と同じ側の手をお尻の後ろにつきましょう。

④次の吸う息で、上に伸びて、吐いて肘をかけるか手で膝を包み込んで上半身ねじっていきましょう。みぞおちの少し下あたりからねじるような感覚です。腰の下のほうでねじらないようにしましょう。吸う息上に伸びて、吐く息さらにねじりを深めましょう。

⑤吸って前に戻ってきたら、立てている足を寝かせてかかとをお尻の横につけましょう。つかない場合は立てたままでいいです。

⑥吐いて、手を前に歩かせてちょうどいい所で背中を丸めて首の力も抜きましょう。ここで数回呼吸。

⑦吸う息で起き上がり、反対の足も同じように繰り返しましょう。

⑧最後吸う息で、お尻の後ろに手をつき、肩甲骨同士をを引き寄せ胸を開きましょう。

⑨吐く息、両足を両手で包み込み、自分をハグしてあげましょう。

伝わったかな??本当文章は難しいですね!

クラスではそれぞれの方に合わせて、座布団やブランケットなどを使い、更に深い身体や心の変化を感じてもらえるよう調整していきますので…是非来てくださいね!

2015-09-25 | Posted in シークエンス動画, ブログNo Comments » 

 

「自分の意志」の外に目を向けてみる

私は小学生の頃から本を読むのが大好きで

読書感想文を書く時は課題図書や推薦図書全てを読んでから、吟味してこの一冊を選ぶ!

ような子供でした。

お話をつくろう!という課題の時は皆数ページのところ、原稿用紙30枚くらい書き

交換して読みましょう、となった時に、私のが当たった子はひどく辛かったろうと思います。笑

 

そのまま20代後半まではバリバリの文系。理系科目にはアレルギーすら感じるようなタイプだったのですが

ある時宇宙物理学の話を聞き、これは壮大な、想像を遥かに超えた文学だ!と思い大好きになりました。

そのお話をされていたのは、IPMU(東京大学数物連携宇宙研究機構)の村山斉さんです。

その後村山さんの本をいくつか読み、そのユーモアに富んだ分かりやすい、ワクワクするような宇宙物理学の話に夢中になりました。

DSCF2496ucyu

さて、その本にはこう書いています。

「私達がよく知っている原子。万物は原子で出来ている、と習いましたが、その原子は宇宙全体の5%にも満たないのです。

残りの約23%は暗黒物質、約73%は暗黒エネルギーで出来ているのです。

暗黒物質も暗黒エネルギーも名前はついていますが、その正体は分かっていません。」

はい、スターウォーズの話ではありません。実際の真面目な物理学の話です。

細かく言うととても長くなりますが、とにかく宇宙の約96%は、まだ正体のわからないエネルギーで満ち溢れているのは科学的な事実なのです。

私たちは、なにもかもを分かったつもりになることもあるけど、こんなにほとんどが分かってない宇宙の中に、たまたま命として存在しているのです。

それは、奇跡的に。

宇宙物理学を学ぶほど、この私たちの宇宙が138億年前産まれ、たまたま対消滅されずに残った物質があり、原子がぶつかり合い、銀河郡が出来、その中の宇宙の片隅の太陽系に地球が産まれ、生命が誕生し、気が遠くなるほどの連鎖を経て、私が存在している。

とっても不思議。

016

おっと、前置きが長くなりましたがここで表題のお話。

そんな宇宙のエネルギーを上手に使ってみよう、という実験を最近しているのですが

(ん?いきなり話が怪しくなってきたぞ 笑)

わかりやすく言うと、「自分の意志」の外側に目を向ける。ようなことをしています。

私たちが見ている世界、認識、出来事、は全て自分が選んで作っています。

それは、人は見たいものを見る。という事。

赤ちゃんを産んだ後、同じような赤ちゃんを連れている人が突然沢山目に入るようになりました。

それは急に私の周りにベビーラッシュが起きたのでしょうか?

いえ、そうではなく私の意識がその情報を選んでいるのです。

 

と言うことは、「自分の意志」の外側には気づいていない沢山の事柄が存在しているのです。

その外側に目を向けてみると・・・そこには予期せぬギフトが沢山ある事に気づきます。

それは、ドラマティックに。

 

今日はその中の分かりやすい一つを。

先日私はなんとも言えないようなこんな事ある?的な出来事が立て続けに起き

(これもその後劇的に回収されるのですが、それはまた別のお話♪)

頭の中はそれらに対する事で一杯になっていました。

そんな時、小2の娘が

「ママ、虹の歌うたって!」

とそれはもうしつこく言ってきました。

いや、その歌知らんし。今色々考えたいし。と、いつもなら、はいはい。と受け流してしまいそうなところですが

(こんなにしつこく何で言うのだろう?)

と気になり、付き合ってみることにしました。

「じゃあ後から続けて歌ってな!」

そう言って歌った歌詞が・・・

その時の私の心をものすごく軽くしてくれたのです。

それは、よく日常に起こるとても些細な出来事。所謂あるあるネタかもしれません。

でも、それがその時の私にとって、かけがえのないギフトになりました。

DSCF6115

(わざわざ歌詞まで書いてプレゼントしてくれました。笑)

ふと立ち止まり、「自分の意志」の外側に目を向けてみる。

沢山の発見と予期せぬプレゼントがそこにはあります。

 

とっても長くなってしまいましたが

最後まで読んでくれた方ありがとうございます♪

 

2015-09-17 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments » 

 

低気圧の重ダルさに、ヨガで背骨活性化シークエンス

この前の水曜日は梅小路公園でのヨガでした。

台風の日!にもかかわらず来ていただいた生徒さんに感謝!!

私はやっぱりヨガが好きだなあ~としみじみ感じた一日でした。

さて立て続けの低気圧の来襲に、体調を崩したり重ダルい症状があったりする生徒さんも多いです。

これから秋雨前線の影響もあるので、背骨を活性化して元気あふれる!そんなシークエンスを撮ってみました。

①四つん這いから膝を10センチ後ろへ。

②吐いて背中を丸める。⇒吸って背中を反る。(マルジャリアーサナ、猫のポーズ)骨盤から動いて背骨一本一本を滑らかに動かすイメージです。背中を丸める時に肩甲骨同士を引き離しましょう。

③吐いてダウンドック、下を向いた犬のポーズ。三角になっているポーズです。肩を詰めないようにしましょう。背中を伸ばしたいので背中が丸まる場合は、かかとを浮かして膝を思いっきり曲げて、太ももにお腹をつけて背骨を伸ばしましょう。手のひらはしっかりパーでマットを押して。お尻を天井に向かって高く上げましょう。

④吸ってプランク、板のポーズ。腕立て伏せのようなポーズです。おへそ意識してお腹引き締めましょう。

⑤吐いてアシュタンガナマスカラアーサナ、八点礼拝のポーズ。足、膝、胸、手、あご、の八点を床につけるポーズです。ひじを体側に近づけて、脇を締めましょう。

⑥吸ってブジャンガアーサナ、コブラのポーズ。腰を反りすぎないよう注意しましょう。恥骨を床に押し付けましょう。腕の力ではなく背筋を使って上にあがりましょう。沢山上にあがらなくて良いです。ひじを伸ばしきらないようにしましょう。

⑦吐いて②番の猫のストレッチに戻り、身体がぽかぽかするまで何回か続けましょう。

 

最初は小さな動きから初めて、徐々に身体が暖まり可動域が増えてきてから、気持ち良い範囲でダイナミックに動いていきましょう。呼吸が先に始まり身体の動きがはじまります。

また良かったらやってみてくださいね♪

2015-09-11 | Posted in シークエンス動画, ブログNo Comments » 

 

おとなは みんな さみしい。多分。

2015-09-02 09.23.54

昨日はひさびさーーー!!梅小路公園のヨガ教室でした!!!

はーー生徒さんに会えて幸せ。。。

やっぱり来年は夏休み期間もヨガ教室します!

新しい生徒さんも来てくれて、9月。秋がスタートしました。

和室の窓からも、見事な百日紅の花が。

そして、そのお庭をお世話してくれている方々も。本当毎日毎日、誰かがこの美しさを保ってくれているのです。

2015-09-02 16.15.36

そしてそして!!梅小路公園事務局の方のご厚意により、9月号の梅小路つうしんにゆいヨガが紹介されています!

あーーーーん、有難い!うれしい!結局チラシを配っていなかった私・・・

どうか生徒さんが沢山来てくれまうように♪ 楽しいヨガ教室ですよー♪元気出ますよー♪

下京、南区役所、京都市内図書館、梅小路水族館などで配布されています。

どうぞよろしくお願いします。

 

2015-06-07 16.26.42

さて、表題のお話・・・

秋の夜長、物思いにふける秋、とはよく言うもので

最近、「さみしい」のです。

特になんでかは理由はないのですが、なんかさみしい。いや、理由があるものもありますが。

それはまるでダークマターのように、異次元からやってきて心の中にじわーっと広がる感情。

少し冷たくて湿気てて、重みがあってとろっとしている。

こんな時は、ルイボスミルクティー入れて明るい気分のひまわりの蜂蜜をたっぷり入れて飲んだら・・・

 

逆にもっとさみしいやないかい!

 

とか言ってるとちょっと楽しいけど、やっぱりそのとろりどろーんとした感情は心にひっかかったまま。

 

でも、おとなってみんなさみしい。多分。

どんなに精神的物質的に満たされていても、多分おとなはちょっとさみしい。

そのさみしさが、音楽や小説などの芸術を生み出したりするのだろうし。

またそれらが癒してくれたりするのだろうし。

 

「さみしさ」を「苦しさ」と考えたら、それは無くなったほうがいいものだけど

私リア充でーす!(古い?)みたいな感じに

私サミ充でーす!とポジティブに「さみしさ」を受け入れられたなら

 

・・・なんかそれも逆にさみしいか。(どないやねん)

 

ポジティブに受け入れる必要はないけど、ただ「さみしい」を「さみしい」のまま居てもいいよ、と言ってあげられたなら

「さみしさ」は「苦しさ」ではなくなると思います。

 

最近の私はちょっと幅を利かした「さみしさ」と同居していますので、もう少しこの「さみしさ」と仲良くしてみようと思います。

 

2015-09-03 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments » 

 

9月のテーマは「癒す。自分をマッサージする呼吸とアーサナ」

2015-07-14 22.56.04

昨日から娘の学校も始まり、朝晩の風も涼しく、なんとなく夏の終わり。

さあ、9月2日より梅小路公園でのヨガ教室、芦屋ユヌプティメゾンでのヨガ教室を再開します!

9月のテーマは「癒す。自分をマッサージする呼吸とアーサナ」です。

アーサナとは、ポーズのこと。

 

夏、楽しかった思い出と共に、なんだか疲れが抜けなくて・・・という方も多いのでは?

9月は、1か月お休みした間凝り固まった肩、背中、股関節周りを優しい呼吸と共に

自分でマッサージするようにじんわりストレッチしてほぐしていきます。

呼吸が深くなる度にゆるんでいく身体の微細なパーツ。

そしてそれに連動する心の動きを、ゆっくりと時間をかけたアーサナと共に観察していきましょう。

ストレッチのあとは、夏、弱りやすい胃の機能。

ねじりのポーズや緩やかな後屈、側屈などを中心に整えていきましょう。

最後は短いヨーガニドラーで身体、心の芯からリラックス。

 

自分で自分を癒す。

自分の最強の味方は自分である。

自分の一番の理解者は自分である。

 

わたしには、わたしが、ついている。

 

そんな暖かな力強い優しい気持ちで

自分をマッサージしてあげましょう。

 

9月のゆいヨガのスケジュールは

梅小路公園のヨガ教室 9月2日、9日、16日 水曜日 午前10時~11時半

詳しくは⇒you-i-yoga@UMEKOUJI

芦屋ユヌプティメゾンのヨガ教室 9月15日 火曜日 午前10時半~12時

詳しくは⇒you-i-yoga@une petite maison

 

初めての方、身体が固い方、運動苦手な方、人見知りの方!

どなたも安心してヨガが楽しめるような空間を常に意識しています♪

是非、お申込みお待ちしております!!!

 

2015-08-26 | Posted in ブログ, 月ごとのテーマNo Comments » 

 

「嫌われる勇気」ありますか?

昨日は小学校2年生の娘が、初めてお友達の家にお泊り会にいきました。

逞しい背中でうきうき歩く娘。

子供の成長はものすごく嬉しくて頼もしくって

なんか切なくて甘酸っぱくて、寂しい。

彼女の行く道が沢山の愛と光と優しさで包まれていますように。

2015-08-10 15.16.39-1

さて、そんな中母は、友達とランチしたあと梅田のルクアイーレの蔦谷書店にて読書を楽しんでいました。

読んだのは「嫌われる勇気」というアドラー心理学の本。

フロイトやユングと同時期を生きた、精神医学者アドラーの心理学を哲人と青年の会話方式でわかりやすく書かれた人気の本です。

2時間ですらすら読めたので、本が苦手な人も読みやすい素敵な本だと思います。

 

で、読んでると、私非常にアドラーさんの考えと似た考えで生きてきてて(これはなんか違うな~というのもあるけど)

えーっと、私も共著したっけ?(ずうずうしい。笑)等と思うほど。

そしてその考えを述べる哲人に対する青年のリアクションに、これまで自分の考えや生き方について

「情がない!」や「なんか怖い!」、「分かるけど、相容れない」

と言われたり思われたりしてきた理由が、そうやったのか~~~みんなこんな気持ちやったのか~~~

としみじみ謎が解けました。

 

私の考え方は、割と劇薬で苦いんだ。と客観視できました。

そして私は哲人ではないので、若い頃は特に

それをオブラートに包むことなく半ば無理矢理羽交い絞めにして 笑 飲ませていたんだな~

みんなごめんね。それでも仲良くしてくれてありがとう。

 

詳しいことは読んでそれぞれ考える方が楽しいので書きませんが

表題の「嫌われる勇気」。これが幸せに生きる一つのキーワードな訳です。

私も大人になり、世の中の多くの人が「嫌われたくない!」と思って生きていることをちゃんと理解出来るようになりました。

嫌われ、たくないですよね。

愛されるって嬉しいし幸せ。

嫌われたくない、って悪い感情ではないと思います。

だから、そう思っても自分を責める必要はない。ただ、そう思うんだなぁってことだけ。

私はデフォルメが

「私が私を好きなのは当たり前だけど、私じゃない人が私を好きになるなんてとても稀有な事で、嫌いで普通だろう。」

という感覚で生きてきました。

なんで、勇気というか、まあそんなもんだ。という感覚です。

でも、目の前や人づてに「あなたの事嫌いらしいよ」と聞くと、人並みにちゃんと傷ついたりちょっと悲しいやん。

と思うので、出来ればそっと嫌っていただけると有難い。

 

この考え方だから自分が幸せだ!とはそこまで思いませんが、対人関係に置いて「楽」であるとは思います。

でもこの本を読んで、そうじゃないタイプの人がこういう思考パターンになるのはどうやら結構むずいらしい、というのは理解しました。

 

いったいいつどうやってこういう考えの人間になったのか、物心ついた頃から変わらないね、と言われるので分かりませんが

「嫌われる勇気」欲しいなあ~っと思っている人に、なんか伝えられたらいいなあ~。

今度はきちんとオブラートも用意して。

 

気になる人がいたら、どうぞ話しかけてみてください。

IMG_3679.JPG

1週間ほど前から手首を傷めヨガが思いっきりできません。

大分よくなりましたが、思いっきりヨガ出来るってめちゃめちゃ幸せだったんだな。

と。しみじみ感じる事が出来ました。

2015-08-11 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments » 

 

自分を好きになることは嫌いな部分が無くなること?

buroguおばあちゃん

髪長かったとき、ほんの少し前なのに既に懐かしいな。

またボブのプロフィール撮らなきゃね。

 

最近、自分を好きになる!とか、ありのままの自分で!とか

ほんとーに多いですね。

自分、好きになれないって人が多かったり、自分の欠点ばかりに目が行ったり。

嫌いな部分がなくなって、ぜーんぶ自分大好き!ってなれたらなんか楽しそうですもんね。

 

かくゆう you-i-yoga のコンセプトも、「自分に恋をする」だから似てるかな?

でもこの「自分に恋をする」

自分の嫌いなとこが無くなる。って意味ではないんです。

恋、って好きばっかりですか?

相手の欠点だったり、腹の立つとこだったり、ここだけは変わって欲しいわ!と思ったり

なんだったら、あいつほんとサイテーだわ。サイテーなんだけど。。。

 

もう、なんか、そこもぜーーーんぶひっくるめて、好き、なんかわかんないけど、大好き!

 

って気持ちです。私は。

本当の恋はこの後切なくなったり、嫉妬が湧いてきたり、更に大忙しですけど 笑

自分に恋をする、っていうのはこの最初の気持ちのこと。

 

ヨガをしたって突然素晴らしい人になる訳ではありません。

欠点のなにもない、いわゆるいい人に急に変身しません。

日々生きていたら、嫌なことを言っちゃう日だってあるし。止めたいと思っている事をしちゃう日だってある。

自分のこういうとこどうにかならないかなーと憤ったり

なんでこうしちゃうんだろう、アホやわーーと落ち込んだり

時には大切な人を傷つけてしまったり。。。

 

でも、そこも含めて、自分を好きになるのです。

こんなとこも私のいいところ、なんて変換しなくてもよい。

治したいと思えば治す努力を素直にすればいいし、変わりたいと思うなら変わる一歩を踏み出せばいい。

嫌だ、と思う気持ちを否定しないこと。

嫌だ、と思う自分も愛してあげること。

そうなったら、嫌なところはただの嫌なところ。

治ったらラッキー、治らなくてもまあ、しゃあない。変わった後に居心地が悪ければまた戻ればいい。

 

嫌なところあってもいいじゃないですか!

私は色々なんだかんだ偏ったとこもある人間ですが

そんな私をたまに腹立ちながら(笑)まるごと愛してくれてる沢山の人がいます。

きっと私の嫌なとこ嫌だけど好きです。(願望?妄想?)笑

そして、私自身私が大好きで幸せになって欲しいと願っています。

 

あなたもきっと、絶対に、そうです。

そういう存在です。

2015-04-06 09.16.12

ふと、こんな事書きたくなりました。

夏だからかな。うん、関係ないな。気分かな。

でも、誰かに伝えたかったんです。なんでだろ。

 

長い独り言、最後まで読んでくれた方

ありがとうございます。

2015-07-29 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments »