指の先の月を見る時間

14469492_709664295851497_4961418065135940596_n

先週木曜日から4日間、マントラリトリートに行っていました。

マントラ、マントラ、マントラ。の日々ですが

そこには、寝て、起きて、掃除して、ご飯を食べて、お風呂に入って。

と、大家族の生活がありました。

 

こまちゃんや、さおりちゃんや、ちーちゃんや、JOYちゃんや、なおちゃんが

作ってくれるご飯は、丁寧で、愛に満ちて、魔法がかかったように全て美味しかったです。

 

今日はみんなとの生活を想いながら、いくつか作ってみました。

14390968_709661229185137_4830761367360021502_n

(↑ Noah’sごはん しっかりお揚げに味がついたぶるっと震える美味しさ こっそり2個たべちゃったやつ)

dscf9982

(↑ Yuko’sごはん 家にある材料で作ったら、ほうれん草の味が強くてすっかり別物になった 笑)

14449840_709661465851780_8979509577593783495_n

(↑ Noah’sごはん 手間暇かかった暴れだしちゃいそうなほどおいしい里芋のフライ)

dscf9984

(↑ Yuko’sごはん 揚げる段階で片栗粉が無いことに気づき米粉で揚げたらすっかり別物になった 笑)

dscf9981

(↑ オリジナルの写真はないけど、美味しかったほうとう。かぼちゃが無かったのでじゃがいもバージョン やっと近かった 笑)

 

20人近い人のご飯を作るのは、とても凄いエネルギー。

あなたの命を わたしの命に 変えさせて 頂きます。

その命のエネルギーの中に、作ったひとの力や愛情も入っているんだなあ。

私が生きているのは、この肉体があるのは、びっくりするほどの命のおかげだ。

 

このリトリートでわたしの命になったものはごはんだけじゃなくて、すべて。

すべて、そこに在ったもの。そこにはもう無いけど、繋がっているもの。

すべてが繋がっていて、わたしはすべて。そしてわたしはわたし。

呪文のようだけど、呪文のままでいい気もする。

誰かにわかりやすくするために言葉を作ると、何か違うものになってしまう。

 

14390807_709661542518439_2002263092874273889_n

愛しい愛しい、みんな。

みんながずーーっとずーーーと幸せに包まれていますように。

14494605_709660999185160_8393069667998994016_n

そして愛しい愛しいわたしの先生。

みんなのお母さん、お父さん。

2人は、お母さんやお父さんを象徴するエネルギーそのものなんだけど

日を重ねるほどに私にとってはそうではなくて

自分のこどものような感覚になっていた。

先生なのに変な話で。

なんでかなーなんでかなーと分からなかったんだけど

今日やっと、ああ、そっかと思った。

 

私にとって、愛の象徴は「こども」なんだ。

心の底からの愛を感じると、その人はじぶんのこどものように思ってしまうんだ。

だから、友達にも沢山わたしのこどもがいるんだ。

 

 

帰ってから何度も、自然に2人の幸せを祈ってしまう。

すぐそばにその存在を感じる。

きっとそれは2人がわたしの幸せ、みんなの幸せを祈ってくれているからだ。

どうか、どうか、どこにいても2人がずっと温かい真綿のような幸せに包まれていますように。

14364826_709664255851501_6583655303817273352_n

あなたは

慈しみ深きお母さん、そして、厳しくどこまでも優しいお父さん

魂の繋がった友人、そして、いつも待っていてくれる家族

私たちを導く光、生々しく生きる宝物のような命

 

 

みんなのこどもで、みんなの神様

 

そして、わたしのかけがえのない、大事な人

2016-09-27 | Posted in 徒然ごとNo Comments » 

「おにぎりくん」と神様

14202693_1062825920492025_164567108762030716_n

娘が学校の帰りに拾ってきた石でつくった謎のキャラたち

どんどん増殖しています。

それぞれ「れんこんちゃん」とか「おにぎりくん」とか名前があるそうです。

ちいちゃいちいちゃいこんな石も

並べてみると、似てるようでも全く同じ石はなく

 

子供に拾われ顔を書かれておもちゃになる子もいれば

漬物石になる子も、川でピョンピョン跳ねる子もいて

お寺の石庭で堂々鎮座する子もいれば

縁結びの石になってなでなでされる子もいます。

 

石にも寿命があるのかな。

気の遠くなるような年月で、どんどんすり減り消えていくのでしょうか。

もしかしたらこの「おにぎりくん」も

その昔、集落で神さま、と崇め奉られた石のかけらかもしれません。

 

22日から25日まで、連絡が取れなくなります。

自然の中で、マントラの響きに委ねた時に

何が待っているのかは分からないけれど

そのような時間を過ごしてきます(^^)

 

2016-09-20 | Posted in 徒然ごとNo Comments » 

台風や秋の長雨の時のアーユルヴェーダ的過ごし方

dscf2956

9月に入ってから、立て続けに台風がやってきていますね。

本来晩夏・初秋のこの時期は

夏の間に蓄積したピッタ(火+水のエネルギー)が増悪し、乱れやすい時期。

消化器官や皮膚の炎症が起こったり、イライラ攻撃的になったり、胃もたれするのにドカ食いしてしまったり。

元々ピッタ体質の方やピッタが乱れやすい方はそのような症状があるかもしれません。

でも、日本の気候ではこの時期、台風や秋の長雨など気圧の変動が激しい時期でもあります。

朝晩の寒暖差も大きく、夏の間に溜まった疲れがドッとでて

なんだか色んな所が具合悪い・・・という方も多いのではないでしょうか。

それはヴァータ(空・風のエネルギー)の乱れ。

 

今日はそんなヴァータの乱れによる不調を感じている方への

アーユルヴェーダ的過ごし方を書いていこうと思います。

dscf3070

まず、ヴァータの乱れには

規則的な生活。

寝る時間、起きる時間、ご飯を食べる時間、活動する時間、休憩する時間。

それらを一定にしていきましょう。

ヴァータが乱れている時は

あれが気になったり、これが気になったり

行動が不規則になりがちです。それがまたヴァータを乱します。

 

簡単なようですが、中々やってみると難しいかもしれません。

難しく感じる方は、逆に言うとヴァータが乱れがち、ということです。

 

そして

充分な休息をとる。

これはずっとだらだらしている、ということではありません。

日中活動する時はしっかり活動し

午前中10時ごろ、夕方4時ごろ

それぞれ少し休憩の時間を持ちましょう。

温かい飲み物に少し甘いものをつまんで。

そしてできれば日が沈んだ後はなるべく激しい活動はさけましょう。

テレビや携帯電話、パソコンからも少し遠ざかって

好きなアロマを1滴落とした足湯や

膝から下のオイルマッサージなどはとても勧められます。

 

そして食事は

温かく、つゆだくで、少し油分を含んだもの

辛味、苦味、渋みのものはとりすぎないこと

乾燥したシリアルに冷たく冷やしたスムージー、生野菜たっぷりのサラダ

ではなく

温かい炊き立てのご飯、お野菜が適量入ったお味噌汁、少しの焼き鮭や酢の物、だし巻き卵

みたいなものの方がベターです。

食べてる間はお白湯で、食後に1杯の緑茶。

dscf3034

(↑これは秋の味覚たっぷりごはん。笑 旬のものを感謝して美味しく頂くこともとっても大事)

 

まだまだ沢山できることはありますが

あまりに多くの情報を入れるのもヴァータやピッタを乱すので

このくらいで^^

 

取り入れやすいもので楽しめるものを

良かったら試してみてください♪

ヨガは暮らしに役立つのか

先日お世話になっているヨガスタジオFIVE ELEMENTS

にて行われていた

びっしー先生の『暮らしに役立つヨーガ哲学のはなし』

を受講してきました。

詳しい内容はStudioオーナーの愛ちゃんが

とても分かりやすくまとめてくれているのでそちらをどうぞ!➡🌺

fh000022

さて

ヨーガの哲学

哲学、とは

「なぜ、生きるのか」

「私とは、なに、なのか」

そのように問い続けていくこと。

と、びっしー先生。

そして、そのようなことをよく考えるのは大体ストレスが強い時

ともおっしゃっていました。

ふむ、確かに。

 

05960006

私が

「なんで生きているのかな」

などと考え出したのは、少し平均よりは早めかもしれない

小学校高学年あたり。

そしてそれをしょっちゅう考えるようになったのは中学生のころ。

そのころはあまり家庭の状況が快適ではなく

家にいるのが嫌で嫌でしょうがなかったころ。

それは一人暮らしを始める大学生まで続いたので

中学、高校時代は哲学的ゆうこ全盛期でした。

確かに、ストレスすごかった。笑

 

その当時は

「なぜ宇宙は在るのか」「なぜ地球ができたのか」

「なぜそこに生命が誕生したのか」「なぜ意思をもったのか」

「なぜ右手はあるのか」「なぜ右手は動くのか」

などと考えては、そんな事に全く興味のない友達に問うていました。

さぞ迷惑だったことでしょう。

しかも、その当時は環境がとてもラジャスに満ちていたので

私の言動・思考はとても攻撃的でした。

さぞうっとうしかったことでしょう。

その、友達は今も友達です。感謝。

 

なので振り返れば12歳のころから25年

飽きもせず、同じようなことを問い続けているわけです。

「なぜ、生きるのか」

「私とは、なに、なのか」

 

そしてその道の途中でヨーガやアーユルヴェーダに出会ったのです。

 

さて

ヨーガやアーユルヴェーダに出会って何が変わったか。

それは

「生きやすくなった」

ということ。

 

びっしー先生も、インドの哲学は

「生きやすくなるもの、暮らしに役立つもの」と言っていました。

ふむ、確かに。

 

それまでもずーーっと同じようなことを考えていたけれど

生きやすくなることは特になかったように思います。

どちらかというと、割と自分を縛っていたように思います。

なにか、真実を見つけなければいけない、と。

全てに共通するたった一つの真実があるはずだ、と。

 

05960005

じゃあ、今それを見つけたのかというと

 

ないです。

 

ただ、とても

幸せです。

 

びっしー先生の講座は続編も考えられているようです。

興味のある方は是非ご一緒しましょう^^

 

また10月から始まる

「暮らしを慈しむアーユルヴェーダ」講座でも

こんな話のエッセンスをみんなとシェアしていきたいなと思っています。

只今残席3名様です。

興味のある方、是非いらしてください。

 

また、一緒に開催される

ひとみ先生の「 ヨガ的ダイエットのある暮らし講座」

愛先生の「暮らしと働き方をバランスするためのヨガ講座」

もとても個性的で魅力的な講座です。

ビビッときた方は是非!

 

2016-09-08 | Posted in 徒然ごとNo Comments » 

10月のプライベートヨガの日程

DSCF9643

今日は9月初めてのプライベートヨガでした。

私がヨガを伝えだして初めてプライベートに来てくれた一人目の方。

もう1年半になるのか。

ずーっと続けてヨガの時間を過ごせて、本当に有難く感謝の気持ちでいっぱいです。

DSCF8046

8月のヨガは夏休み明け2日間に、午前・午後と4回。ぎゅーーとプライベートヨガのクラスがありました。

 

まだまだピッタ(火のエネルギー)が乱れやすい季節が続きますが

台風や長雨の時はヴァータ(空・風のエネルギー)が乱れやすく

また夏至から夏の暑い時期にかけ消化の火(アグニ)も弱っていて

夏の終わりの疲れが出やすいこの時期。

 

14203254_1068743489900268_2282574895429837570_n

沢山プロップを使って(にしてもブランケット多すぎ 笑 でもここから更にタオルも使います)

リストラティブなポーズをとり、無意識に入っている力を緩めていきます。

床に近いところでのゆっくりとした動きが中心ですが

後半は短い時間でしっかり体幹を意識したポーズもとっていきます。

交感神経優位になるような、大きな筋肉や身体の背面を使って少し汗ばむような運動を集中して行う。

するとその後のシャバーサナやヨガニドラーが更に深く沈んでいくようになります。

8月は夏休み中の大学生男子もお母さんときてくれて

体幹トレーニングを一緒にやったり、面白かったです(^^♪

 

DSCF9841

これは今日のお菓子。

まだまだ暑いので乳製品、動物性不使用のRAW SWEETSで

「すだちのチーズケーキ」

といってもチーズもヨーグルトも入ってません。

RAWのカシューナッツクリームと無農薬のスダチ果汁がたっぷり

これで不思議とレアチーズケーキの味のさらにコクが増したような感じになります。

土台の茶色の部分はカカオではなくキャロブパウダー

とっても美味しいと言ってもらえてよかった(#^^#)

 

さて、10月のプライベートヨガの日程ですが

10月4日(火)10時半~、10月18日(火)10時半~(ご予約済み)

10月24日(月)10時半~(ご予約済み)、10月25日(火)10時半~(ご予約済み)

その他の曜日は午後からなら大丈夫な日もあるのでご相談ください。

ご予約はこちらからどうぞ↓

クービック予約システムから予約する