パークヨガfesta@JOYO

12592515_1003550363070742_1074621315171798899_n

2016年5月15日(日)

城陽五里五里の丘にて開催される「第2回 パークヨガfesta@JOYO」にて

10時30分から30分間、無料パークヨガ担当させていただきます♪

 

お子様やヨガはじめての人も楽しく参加してもらえる、ゆっくりほっこりヨガです(^^♪

ヨガマットもっているかたはそのまま敷いていただいてもいいし

レジャーシートの上に敷いていただいてもいいです。

ない方はレジャーシートや大きいタオルなど。

お天気よければ裸足で芝生にねっころがってーとかも気持ちよさそうですね!

日差しが強い場合シャバアーサナの時に顔にかけるタオルとかあるといいかな。

日焼け止め対策をして 笑! 是非おこしくださーい(^^)/

 

当日は神戸からぬんさん、バリからmasumi先生、という豪華な有料ヨガクラスもあります!

そしてゴッドハンドキーボーさんのチャクラ整体や、まゆまゆの占星術、イルチエロのパン

チャクラん堂のヴィーガン弁当などなど!楽しいお店も♪

インド古典音楽やキールタンにも無料で参加いただけますので

ご家族やお友達で一日遊びにきてください!

 

5月15(日)

10:00〜15:30

第二回
『パークヨガFesta@JOYO』開催致します✨

広大な芝生の広場で太陽や風、土の香りを楽しみならがヨガをしましょう!

講師には、

バリ在住
チャクラワーク協会主宰
Masumi Lacoste 先生

神戸市在住
RYT200 ティーチャートレーニング講師
榊原ぬん 先生

をお招き致します。

◆ヨガクラス◆

10:30-11:15 ぬん先生(45min)
(大地をめいいっぱい遊ぶヨガ)

13:15-14:00 masumi先生(45min)
(大自然を感じるエネルギーのヨガ)

チケット各先着50名さま
(当日チケット販売あり)

10:30-11:00 yuko(30min)
(ほっこりゆったりヨガ)

◆チケット価格◆

各 1500円

◆雨天決行◆

チケット購入者のみ室内にてヨガ

◆チケット販売日◆

4月8日 朝8:00〜
FBより申込みページをアップします!
お申込みフォームより、チケット購入手続きをして下さい。(事前振込)

◆出店者◆
*お買い物はヨガをされない方でも自由にしていただけます。

10:00-15:30

Anahata
(ヘナアート)
イルチエロ
(天然酵母パン クラッカー)
いわくらグラノラ
(オーガニックグラノーラ)
宇治御食事処ロバ
(自然弁当 酵素ジュース )
縁⚪︎⚪︎
(自然染 ヨガウェア 衣服)
健美サロン渡部
(チャクラ整体)
チャクラん堂
(ヴィーガン弁当 スィーツ)
Mioハンドメイドアクセサリー
(真鍮アクセサリー)
ピエヌ
(オーガニック野菜)
atelier mata
(西洋占星術)

◆無料体験ブース◆

インド古典音楽
12:00-13:00
(gumi×中尾幸介)

キールタン(parkgathering)
14:20-15:20
(masumi×gimi×キールタン娘)

ゆっくりほっこりヨガ
10:30-11:00
(Yuko Iwata)

与えて、与えて、かつ与えるために、ここに在る

12987093_1696125687328430_7870134660392107825_n

先週の水曜日と昨日の梅小路公園ヨガのあとは

芝生広場にて野点ピクニックをしました(^^♪

12993432_1696125690661763_6782180906406735115_n

テイクアウトのお弁当を買い、近所の笹屋伊織さんでお菓子を買って。

先週は雨模様だったのですが、私たちがピクニックしている間は奇跡的に降らず!

とても楽しい時間でした。

12994593_1698803493727316_3653535828179467469_n

そして昨日は、ピーカンのお天気!

ウクレレも持っていき野点ピクニックのあとはキールタンもみんなで歌いました。

 

Om Shanti Shanti Shanti
Lokah Samastah Sukhino Bhavantu
祈りをこめて歌うその時間は平安そのものでした。

 

12417901_1694719597469039_6515044268027403549_n
今月はアスティヤ(不盗)をテーマにヨガクラスの前に皆さんとお話しをしているのですが
皆さん、とても素敵なシェアをしてくれて

 

私がただ一方的に話すのではなく
皆さんそれぞれが色んな思いや経験を話してくださることで
とても学びのある時間となっています。

 

クラスでも紹介した
スワミ・サッチダーナンダさんの言葉

 

「なぜろうそくは燃えて溶けていくのか?
光を与えるためである。
なぜ香は燃えて灰になるのか?
香りを与えるためである。
なぜ樹々は伸びるのか?
果実と花を与えるためである。
我々は、与え、与え、かつ与えるために、ここに在る」

 

与え、与え、与えていると、なぜかどんどん満たされる。
与えることは受け取ることであり、それは恐れのない至福につながるのかなあ。

 

2015-04-06 09.16.12
シェアの時に素直に自分と向き合った、つらーい気持ちや苦しい気持ちを教えてくれた方が
クラスのあとに伝えてくれたお話がとっても好きで

 

「シャバアーサナの時にマナティが出てきて、私はそのマナティに餌をあげていて
餌を食べ終わったら、満足して元気になって、ああもういいんだね。
と思ったらティンシャの音が聞こえて戻ってきました。」

 

じわわーーーーん。とっても素敵。
人は自分を癒す力を元々持っている。
みんながみんな、持っているんだなあ~と思いました。

 

また来週もお天気だったら野点ピクニックしますよ~♪
2016-04-21 | Posted in キールタン, 徒然ごとNo Comments » 

「死」について思う

12247152_1641785439429122_3770820679691430056_n

先日お友達の結婚式がサプライズで行われました。

私はその日、娘のピアノの発表会で行けなくて、ぎこちないビデオレター(笑)を送ったのだけど

お友達がブログでお父様のスピーチの動画を紹介してくれて

そのお話しを聞いて、グッとくるものと共に、自分の死に対する色んな記憶や思いがふーっと出てきて

ちょっと書いてみようかなあ、と思いました。

お友達のブログ、是非ご覧ください。みなさん、色んな想いを抱かれると思います。➡父と歩いたヴァージンロード

 

2015-06-07 16.26.42

私にとって「死」がとても身近に感じられたのは、阪神淡路大震災の時でした。

祖父の家は東灘区の、その後再開発地区となる場所。

それはその一帯が壊滅的に地震の影響を受けた、ということを意味します。

私の家は幸いそこまでの被害はなく、それでもめちゃくちゃになった家の中や落ちた瓦などを片付けながら

連絡のとれない祖父宅を心配しかできない状態でした。

姉と父が車で何時間もかけ様子を見に行き

その間母と、テレビの続々と増えていく死亡者の名前を見つめる時間

私は16歳という微妙な年ごろに加え、家族とも仲が良いとは言えない時期だったので

母を見ないように、地震の影響で震えている犬を抱いていたように思います。

帰ってきた姉が「おばあちゃん冷たくなっていた」と言ったように思います。

泣く家族を後ろに、私は泣かず、階段にいき、ため息をつきました。

2015-06-07 16.28.04hp

そして次の日だったか、みんなで祖父宅にいきました。

JRの高架を超えた先に広がっていたのは、見渡す限りただただ倒れた家。

戦争ってこんな風景なのかな。とぼんやり思いました。

祖父宅のがれきの中から必要なものをみんな無言で取り出す作業。

泣く人はいなく、寒い季節だったのでドラム缶で手を温めました。おにぎりが冷たかった。

たまに「出たぞー」と遺体が発見され、畳か何かに乗せ運ばれていきました。

そのあたりは自衛隊などは来ていなかったような気がするので、一般の方が運んでいたように思います。

それは、淡々と。

DSCF8109

そして、祖母の遺体を安置している小学校に行き

沢山のご遺体が並ぶ中、そこに祖母もいました。

親戚や親や祖父が泣いて、私は泣きませんでした。

ただ、人は突然死ぬのだな。こんなに一瞬に何人も何人も。と思っていました。

祖母は午前5時46分、1階にいて亡くなり

祖父は2階で寝ていて助かりました。

祖母はなぜ1階にいてたかというと、祖父のお弁当を作っていたからです。

祖父は祖母の遺体に、「ごめんな、ごめんな」と言っていたように思います。

優しい祖母。でも、亡くなるのだな、人は。

 

その当時の記憶は曖昧で、その後のあれこれは飛び飛びの記憶です。

16歳には割とストレスだったのでしょう。

ただ、私はおばあちゃんの懇意にしていたお寺でお葬式してあげたかったなあ、と思っていました。

東日本大震災の時もそうでしたが、沢山の死者がでて、建物が広範囲に倒れる地震という災害は

遺体をどう保管するのか、時間は待ってくれないし、火葬やお葬式の場所は選べないのです。

大きな災害が起こるたび、ご遺体のことを想います。

 

私はどこでどのように死ぬのかはわからないけれど

もし、死に場所や、遺体のその後まで

選ぶことができたなら、相当ラッキーだな、と思います。

 

DSCF2328

なぜこのタイミングでこのような事を綴りたくなったのか

よく分からないけど、心の声に従い書いてみました。

「死」を瞑想する。

生死一如。

まだ、私にはわからないけど、お友達のお父様のお話しを聞けてよかったな。

ありがとうございます。

2016-04-05 | Posted in 徒然ごとNo Comments » 

4月のテーマは「不盗~アスティヤ(Asteya)~」

今日から4月!

なんか新しいことがはじまるぞ~~!という気持ちになる季節です。

咲き出す桜をみるとウキウキして、散りゆく桜をみるとキュンとします。

どちらもあるからいい。

先日お友達とお花見ピクニックのあとに、ウクレレとハルモニウムでキールタンの練習会をしました。

夢中になって何時間も。気づけば夕方。

大人になってこんな夢中に楽器を鳴らし、歌を歌うなんて、幸せだなあ。

12009682_961817680592850_627290023383878868_n

さて、そんな4月のテーマは「不盗~アスティヤ(Asteya)~」です。

八支則のヨガ(アシュタンガヨーガ)のヤマ(しないでおきましょう)の3つめ。

盗まない。

と、聞くとまずは何を思い浮かべますか?

「お金」「物」。「アイデア」なんて人もいるかもしれません。そして「時間」。もしかしたら「気持ち」とか。

道徳的に、人のものを盗んではいけない。人が大事にしているものを奪ってはいけない。

というのはもちろんのこと。

では、この「空気」は?「自然」は?私たちが食べている「生物」や「植物」は?

DSCF8109

ヨガで呼吸法を行う時にこんなことをお伝えすることがあります。

「吸う息を吐く息に捧げて、吐く息を吸う息に捧げましょう」

 

何か自分が頂いたら、それを循環してお返しする。

有難く受け取り、執着することなく喜んで差し出す。

 

それは言葉にすると、なんだか綺麗で美しく、簡単なような気がします。

でも実際それを行おうとすると、苦しさだったり、自分の卑しさだったり、愚かさだったり

そんなものが見えてきて。いかに色んなものに執着しているのかとうんざりしたり。

 

でもねえ、うんざりするほど汚いとこもあるこの私。

その命が尽きるまで寄り添うのは、わたししかいないわけで。

私にはわたしがついている。

 

こんな感じで取り留めなく。

アスティヤ(Asteya)というキーワードから生まれてくる、色んな言葉や気持ち。

意図したものから意図しないものまで。

ゆるゆるお話ししたりしながら、これから暖かくなっていく季節。

一緒に気持ちよくヨガしましょう!

 

4月13日の梅小路公園ヨガは、ヨガのクラスの後芝生広場で野点ピクニックしますよ~~~

お茶碗と、あっつあつのお湯が入った水筒、レジャーシート。を持ってきてくださいね^^

近所でテイクアウトするかお弁当作ってきて

笹屋伊織さんのお菓子買って、お抹茶点てて、ほっこりしましょーー!!!

お待ちしていまーす!

2016-04-01 | Posted in 月ごとのテーマNo Comments »