お尻回りをほぐしてお腹の中も優しくリラックス

腰痛をお持ちの方、座りっぱなしや立ちっぱなしなど一つの姿勢で長時間お仕事されてる方におすすめのシークエンスです。

生理前のイライラしてる時などにもおすすめ!ゆっくり呼吸を感じて優しく動いていきましょう。

(動画では見えやすいように左足からはじめていますが、ヨガは右側から動いていきます。)

①息を吸って、右足を曲げてかかとが会陰部の前に、左足はまっすぐ後ろに伸ばしましょう。この時お尻がマットにつかない、左右の腰骨が平行にならない場合はお尻の下に座布団やブランケットを敷いて、高さを出しましょう。出来るだけ骨盤を立てて。立たない場合は上半身は斜め前に傾けて、腰を反らないようにしましょう。

②息を吐いて、手をついて上半身を前に倒していき、ちょうどいい所で手で枕をつくり頭を休ませましょう。ここで数回呼吸。吐く息でゆるまる身体、心を感じましょう。

③息を吸って、起き上がってきて、後ろの足を前の足の膝の外側へ。立ててる足と同じ側の手をお尻の後ろにつきましょう。

④次の吸う息で、上に伸びて、吐いて肘をかけるか手で膝を包み込んで上半身ねじっていきましょう。みぞおちの少し下あたりからねじるような感覚です。腰の下のほうでねじらないようにしましょう。吸う息上に伸びて、吐く息さらにねじりを深めましょう。

⑤吸って前に戻ってきたら、立てている足を寝かせてかかとをお尻の横につけましょう。つかない場合は立てたままでいいです。

⑥吐いて、手を前に歩かせてちょうどいい所で背中を丸めて首の力も抜きましょう。ここで数回呼吸。

⑦吸う息で起き上がり、反対の足も同じように繰り返しましょう。

⑧最後吸う息で、お尻の後ろに手をつき、肩甲骨同士をを引き寄せ胸を開きましょう。

⑨吐く息、両足を両手で包み込み、自分をハグしてあげましょう。

伝わったかな??本当文章は難しいですね!

クラスではそれぞれの方に合わせて、座布団やブランケットなどを使い、更に深い身体や心の変化を感じてもらえるよう調整していきますので…是非来てくださいね!

2015-09-25 | Posted in シークエンス動画, ブログNo Comments » 

「自分の意志」の外に目を向けてみる

私は小学生の頃から本を読むのが大好きで

読書感想文を書く時は課題図書や推薦図書全てを読んでから、吟味してこの一冊を選ぶ!

ような子供でした。

お話をつくろう!という課題の時は皆数ページのところ、原稿用紙30枚くらい書き

交換して読みましょう、となった時に、私のが当たった子はひどく辛かったろうと思います。笑

 

そのまま20代後半まではバリバリの文系。理系科目にはアレルギーすら感じるようなタイプだったのですが

ある時宇宙物理学の話を聞き、これは壮大な、想像を遥かに超えた文学だ!と思い大好きになりました。

そのお話をされていたのは、IPMU(東京大学数物連携宇宙研究機構)の村山斉さんです。

その後村山さんの本をいくつか読み、そのユーモアに富んだ分かりやすい、ワクワクするような宇宙物理学の話に夢中になりました。

DSCF2496ucyu

さて、その本にはこう書いています。

「私達がよく知っている原子。万物は原子で出来ている、と習いましたが、その原子は宇宙全体の5%にも満たないのです。

残りの約23%は暗黒物質、約73%は暗黒エネルギーで出来ているのです。

暗黒物質も暗黒エネルギーも名前はついていますが、その正体は分かっていません。」

はい、スターウォーズの話ではありません。実際の真面目な物理学の話です。

細かく言うととても長くなりますが、とにかく宇宙の約96%は、まだ正体のわからないエネルギーで満ち溢れているのは科学的な事実なのです。

私たちは、なにもかもを分かったつもりになることもあるけど、こんなにほとんどが分かってない宇宙の中に、たまたま命として存在しているのです。

それは、奇跡的に。

宇宙物理学を学ぶほど、この私たちの宇宙が138億年前産まれ、たまたま対消滅されずに残った物質があり、原子がぶつかり合い、銀河郡が出来、その中の宇宙の片隅の太陽系に地球が産まれ、生命が誕生し、気が遠くなるほどの連鎖を経て、私が存在している。

とっても不思議。

016

おっと、前置きが長くなりましたがここで表題のお話。

そんな宇宙のエネルギーを上手に使ってみよう、という実験を最近しているのですが

(ん?いきなり話が怪しくなってきたぞ 笑)

わかりやすく言うと、「自分の意志」の外側に目を向ける。ようなことをしています。

私たちが見ている世界、認識、出来事、は全て自分が選んで作っています。

それは、人は見たいものを見る。という事。

赤ちゃんを産んだ後、同じような赤ちゃんを連れている人が突然沢山目に入るようになりました。

それは急に私の周りにベビーラッシュが起きたのでしょうか?

いえ、そうではなく私の意識がその情報を選んでいるのです。

 

と言うことは、「自分の意志」の外側には気づいていない沢山の事柄が存在しているのです。

その外側に目を向けてみると・・・そこには予期せぬギフトが沢山ある事に気づきます。

それは、ドラマティックに。

 

今日はその中の分かりやすい一つを。

先日私はなんとも言えないようなこんな事ある?的な出来事が立て続けに起き

(これもその後劇的に回収されるのですが、それはまた別のお話♪)

頭の中はそれらに対する事で一杯になっていました。

そんな時、小2の娘が

「ママ、虹の歌うたって!」

とそれはもうしつこく言ってきました。

いや、その歌知らんし。今色々考えたいし。と、いつもなら、はいはい。と受け流してしまいそうなところですが

(こんなにしつこく何で言うのだろう?)

と気になり、付き合ってみることにしました。

「じゃあ後から続けて歌ってな!」

そう言って歌った歌詞が・・・

その時の私の心をものすごく軽くしてくれたのです。

それは、よく日常に起こるとても些細な出来事。所謂あるあるネタかもしれません。

でも、それがその時の私にとって、かけがえのないギフトになりました。

DSCF6115

(わざわざ歌詞まで書いてプレゼントしてくれました。笑)

ふと立ち止まり、「自分の意志」の外側に目を向けてみる。

沢山の発見と予期せぬプレゼントがそこにはあります。

 

とっても長くなってしまいましたが

最後まで読んでくれた方ありがとうございます♪

 

2015-09-17 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments » 

低気圧の重ダルさに、ヨガで背骨活性化シークエンス

この前の水曜日は梅小路公園でのヨガでした。

台風の日!にもかかわらず来ていただいた生徒さんに感謝!!

私はやっぱりヨガが好きだなあ~としみじみ感じた一日でした。

さて立て続けの低気圧の来襲に、体調を崩したり重ダルい症状があったりする生徒さんも多いです。

これから秋雨前線の影響もあるので、背骨を活性化して元気あふれる!そんなシークエンスを撮ってみました。

①四つん這いから膝を10センチ後ろへ。

②吐いて背中を丸める。⇒吸って背中を反る。(マルジャリアーサナ、猫のポーズ)骨盤から動いて背骨一本一本を滑らかに動かすイメージです。背中を丸める時に肩甲骨同士を引き離しましょう。

③吐いてダウンドック、下を向いた犬のポーズ。三角になっているポーズです。肩を詰めないようにしましょう。背中を伸ばしたいので背中が丸まる場合は、かかとを浮かして膝を思いっきり曲げて、太ももにお腹をつけて背骨を伸ばしましょう。手のひらはしっかりパーでマットを押して。お尻を天井に向かって高く上げましょう。

④吸ってプランク、板のポーズ。腕立て伏せのようなポーズです。おへそ意識してお腹引き締めましょう。

⑤吐いてアシュタンガナマスカラアーサナ、八点礼拝のポーズ。足、膝、胸、手、あご、の八点を床につけるポーズです。ひじを体側に近づけて、脇を締めましょう。

⑥吸ってブジャンガアーサナ、コブラのポーズ。腰を反りすぎないよう注意しましょう。恥骨を床に押し付けましょう。腕の力ではなく背筋を使って上にあがりましょう。沢山上にあがらなくて良いです。ひじを伸ばしきらないようにしましょう。

⑦吐いて②番の猫のストレッチに戻り、身体がぽかぽかするまで何回か続けましょう。

 

最初は小さな動きから初めて、徐々に身体が暖まり可動域が増えてきてから、気持ち良い範囲でダイナミックに動いていきましょう。呼吸が先に始まり身体の動きがはじまります。

また良かったらやってみてくださいね♪

2015-09-11 | Posted in シークエンス動画, ブログNo Comments » 

おとなは みんな さみしい。多分。

2015-09-02 09.23.54

昨日はひさびさーーー!!梅小路公園のヨガ教室でした!!!

はーー生徒さんに会えて幸せ。。。

やっぱり来年は夏休み期間もヨガ教室します!

新しい生徒さんも来てくれて、9月。秋がスタートしました。

和室の窓からも、見事な百日紅の花が。

そして、そのお庭をお世話してくれている方々も。本当毎日毎日、誰かがこの美しさを保ってくれているのです。

2015-09-02 16.15.36

そしてそして!!梅小路公園事務局の方のご厚意により、9月号の梅小路つうしんにゆいヨガが紹介されています!

あーーーーん、有難い!うれしい!結局チラシを配っていなかった私・・・

どうか生徒さんが沢山来てくれまうように♪ 楽しいヨガ教室ですよー♪元気出ますよー♪

下京、南区役所、京都市内図書館、梅小路水族館などで配布されています。

どうぞよろしくお願いします。

 

2015-06-07 16.26.42

さて、表題のお話・・・

秋の夜長、物思いにふける秋、とはよく言うもので

最近、「さみしい」のです。

特になんでかは理由はないのですが、なんかさみしい。いや、理由があるものもありますが。

それはまるでダークマターのように、異次元からやってきて心の中にじわーっと広がる感情。

少し冷たくて湿気てて、重みがあってとろっとしている。

こんな時は、ルイボスミルクティー入れて明るい気分のひまわりの蜂蜜をたっぷり入れて飲んだら・・・

 

逆にもっとさみしいやないかい!

 

とか言ってるとちょっと楽しいけど、やっぱりそのとろりどろーんとした感情は心にひっかかったまま。

 

でも、おとなってみんなさみしい。多分。

どんなに精神的物質的に満たされていても、多分おとなはちょっとさみしい。

そのさみしさが、音楽や小説などの芸術を生み出したりするのだろうし。

またそれらが癒してくれたりするのだろうし。

 

「さみしさ」を「苦しさ」と考えたら、それは無くなったほうがいいものだけど

私リア充でーす!(古い?)みたいな感じに

私サミ充でーす!とポジティブに「さみしさ」を受け入れられたなら

 

・・・なんかそれも逆にさみしいか。(どないやねん)

 

ポジティブに受け入れる必要はないけど、ただ「さみしい」を「さみしい」のまま居てもいいよ、と言ってあげられたなら

「さみしさ」は「苦しさ」ではなくなると思います。

 

最近の私はちょっと幅を利かした「さみしさ」と同居していますので、もう少しこの「さみしさ」と仲良くしてみようと思います。

 

2015-09-03 | Posted in ブログ, 徒然ごとNo Comments »