108人では収まらなかった「ありがとう」

徐々にお正月の準備が整っていくと

なんだか気持ちもシャンとするようです。

昨日はふと思いついて、マーラーを使って108人にありがとう瞑想をしてみました。

まさに数珠つなぎのように、または意外な人がポンと出てきたり。

結果、108人では収まらなかったのですが

その後、なんとなくasato māを唱えたくなったので

108回、ジャパ瞑想をしてみました。

asato mā sad gamaya

tamaso mā jyotir gamaya

mṛtyor māmṛtaṃ gamaya

2016年は沢山の出会いがあり、そして縁の深まりがありました。

このマントラを教えてくれた先生、また家族のような仲間たち

キールタンで結ばれた、いつもあったかい仲間たち

プライベートや、グループクラス

WSで出会えた沢山の愛しい人たち

お世話になったStudioとの出会い

みんな、みんな、みんな

延々写真を並べてしまいそうだから

これくらいにして。。。

 

asato mā sad gamaya

tamaso mā jyotir gamaya

mṛtyor māmṛtaṃ gamaya

 

偽りから真実へ

闇から光へ

死から不死へ

 

のように訳されることが多いマントラだけど

この前友人にも話していたのだけど

唱えるほどに、私には

 

偽りは真実と一つ

闇は光と一つ

死は不死と一つ

 

と感じる。

また変化していくのだろうけれど

 

この一年、写真だけを見ると

キラキラしてて、美しく、光だけに溢れているように見える。

けれど、そこには同じ数だけの

寂しさや、悲しみや、妬む気持ちや、焦る気持ち。

怒りや、恐れ。そのような闇がある。

ちょうどネガとポジのように。

 

その一つ一つを置き忘れないように

マントラ一つ一つにのせて

その結果受けた恵みをお返しするように

そして新たに、2017年はどんな年になるかな。

去年の今頃は1年後、こんな感じとは全く予想してなかったから

きっと今の私には思いつかない未来がまっているのでしょう。

 

今年出会ってくれたみなさんありがとうございました。

引き続き、繋がる縁のみなさん、よろしくお願いいたします。

これから出会えるみなさん、楽しみに待っています。


2016-12-30 | Posted in 徒然ごと, 未分類No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA