縁むすびキールタン

dscf0564

dscf0571

先日11月23日は京都トコ会館にて「縁むすびキールタン」でした。

いつもお世話になっていて仲良しな、愛ちゃんとひーちゃんと

あれは夏ごろかな、キールタンをはじめたばっかりの人が発表できる

あったかい、気軽な、手作りの、そんなイベントをしよう!という話になって

そこから沢山の仲間が集まり、沢山の手を心を借りて

この日を迎えました。

15203231_1139615796146370_3724429890176499472_n

dscf0624

一人ひとり違う歌声

震える手や声

穏やかな力強い眼差し

内側からこぼれ出た微笑

空気に溶けだすみんなの優しさや思いやり

dscf0673

dscf0622

みんなの心が繋がって結ばれる

15193644_1139965996111350_2931755597389567775_n

15134750_1139624459478837_7138713698354931847_n

終わった後のおむすび交流会もとても楽しかった

15179122_1139965936111356_8205922295649030677_n

私もウクレレ隊のみんなと歌いました

15203125_845422892266734_2760554260207559334_n

 

終わっってから今日で3日。

とても楽しかった。感謝が湧き出てくる。みんなへの愛しさ。

それと共に、そこに在るのにそういえば無視していた感情。

悲しさ、寂しさ、闇。

 

私はキールタンのリードに何か違和感をずっと感じていて

それは表面的には

「私歌そんなうまくないしなー」

「場を盛り上げたり、感動を呼ぶようなリードできない・・・」

「そもそもリードをしたい!と熱い思いがあるのだろうか」

とかそんなことだったのだけど

 

終わってから

ああそうか、私はリードする時

キールタンの圧倒的な光や愛や喜びにばかり目を向けて

闇や悲しみや寂しさを無視してたんだ。

と気づいた。

ただキールタンに参加しているときには

その全てを自然にまぜこぜにして、ただ感じているのに

リード、ということに囚われすぎていたんだ。

dscf0550

今は、そんな自分すら愛しいけど 笑

私がキールタンのリードをすることは、今のところないけれど

いつかそのような時が自然に訪れたなら

その時はぜーんぶ一緒に歌おう。

やっと、キールタンが本当に自分の中に沁み込んだ

そんな気がします。

15107480_1139966029444680_8475532300284310056_n

ご縁を結んでくれたみなさん、ありがとうございました。

末永くよろしくお願いします。

15107371_1139628322811784_8926687135705585549_n

 

 


2016-11-26 | Posted in キールタンNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA